[1995/04-1996/03] PDA集配信システムの開発

簡単にいってしまうと、作業者のPDAに溜まったデータを収集機で集めて、さらに中継サーバに転送するシステムです。私が主に担当していたのは収集機からサーバへの通信部分でした。FTPプロトコルやら、TCP/IPの基礎はこの時期に勉強しました。

【担当システム】
PDA集配信システム

【期間】
1995/04~1996/03(12ヵ月)

【分野】
業務システム開発、組込・制御系開発

【工程】
詳細設計、コーディング、試験

【スキル】
WindowsNT,WindowsSocket,TCP/IP,SH-C言語,エミュレータ,VC++2.0,μITRON,FTPプロトコル

【備考】
大手計算機メーカーにて作業しました。とにかく忙しく2年分は働いた感がありました。アプリは5人ぐらいのチームでしたので色々と他の担当も見る機会がありました。フリーランスとしての人脈作りもこの案件からでした。余談ですが、この案件で同じチームだった方とシステム会社を設立しました。

[1991/07-1994/12] 構内交換機を使用したシステム開発

新卒で入社した構内交換機(PBX)のシステム開発会社でシステムエンジニア・プログラマーとして業務システムの開発を担当しました。

【担当システム】
会員制会議システム、秘書代行システム・ボイスメールシステム・個室プリペイドカードシステム

【期間】
1991/07~1994/12(3年5か月)

【分野】
業務システム開発、組込・制御系開発

【工程】
基本設計、詳細設計、コーディング、試験

【スキル】
HP9000、68000、C言語、エミュレータ、PBX、電話、状態遷移図

【備考】
この会社はウォーターホール型開発をしっかりやっており、設計やドキュメントの基礎を徹底的に仕込まれた会社でした。とくに電話機のシステムなので止まらないシステムが重要視されていました(製品組込とはそういうものでしょうけど)。そういった文化もありテスト工程の重要さを学びました。